半年ぶりにカワセミさんを撮影できました!!!!!(*^^*)

8/22冬鳥越で蒲原鉄道の保存車両を見学した後に、そのままお出かけした先の水辺でカワセミさんを見つけました!
2月に佐潟で撮影できてから実に半年ぶりですよ!
FUJIFILM X-T3 (560mm, f/8, 1/100 sec, ISO12800)
日陰に居たのを見つけたので、テレコンバーターで絞りがF8って事もあり晴れの12時台でもISO12800になってしまいますね。
トリミングしてもISO12800だとちょっと厳しいですね。
カワセミを撮りに来ていたわけじゃなくふらっと寄ったら見つけたので全然準備もしていなかったので
三脚も準備していないので全部手持ち撮影です。おすましカワセミさん
見ていると面白いですね。細長くなってみたりしてね。お食事中のカワセミさん。
お魚を捕まえた後は木に叩きつけて仕留めてました。


10月3日追記:動画を撮影していたのでツイッターに貼ってます。


お食事の後は、まったり過ごしていました
伸びでしょうか?
カワセミさんのおトイレシーンです。
今回の観察では、おトイレシーンを3回ほど見れました。


FUJIFILM X-T3 (560mm, f/8, 1/250 sec, ISO12800)

なんとカワセミさんは2羽いました。
親子かな?なんか見守るように、見つめていましたからね。
ホバリングの撮影も出来ましたがシャッタースピードを稼げず、しっかり撮影できませんでした。
もしかしたらテレコンバーターを外してXF100-400mmだけで撮影してたら、まだシャッタースピードを稼げたかもしれませんね。


飛び込みの撮影も出来たのですが、やっぱりシャッタースピードを稼げてないのでブレブレです。
今回なんどか飛び込みシーンを撮影できる機会はあったのですが暗い箇所のせいもあり、まともな写真はありませんでした。
暗いところでの撮影はテレコンバーターを諦めて少しでも絞りを明るくしたいですね。気休めかもしれませんけどね。今回の場所だった場合はテレコン外してもシャッタースピードは稼げなかったでしょうけど
あと今回X-T3の機能で【プリ撮影ES】を大いに活用しました。以下FUJIFILMからの引用

シャッターボタンを全押ししてから撮影画像がメモリーカードに記録されるまでのタイムラグを抑えるために、シャッターボタンを半押しした時から電子シャッターによる撮影を開始し、全押し直前の画像から連写した画像をメモリーカードに記録します。

電子シャッターでの撮影にはなりますがシャッター半押しにした瞬間から撮影して全押ししたちょっと前の画像からを保存できる機能です。そんなに多くの画像は残りませんが感覚的に1秒位は残っているようです
今回の撮影はカワセミさんが動かない時間が長すぎたので、ずうっとシャッター半押しにしてカワセミさんに動きがあった瞬間にシャッター全押しにたら動きはじめからの画を撮影できました。
他の機種でも【プリ撮影ES】と同等の機能のあるカメラはまだ少ないようですが機能があるカメラをお持ちなら使ってみると面白いかもしれません。

実に半年ぶりに撮影できたカワセミさん。不意に見つけたため準備もできず日陰に居たところを撮影したのでノイズも多く、シャッタースピードも稼げなかったので良い画は撮れませんでしたけど長々と観察できたので個人的には大満足でした。今後、不意に撮影出来る機会があるかもしれないので準備はしっかりね☆

先週に佐潟に行きましたが、今週も行ってきました。前回はチラッ見かけた野鳥撮り界のアイドル:カワセミさんをちょっと狙ってみようかなと思って。...
新潟県内でカワセミさんを観察できる所をまとめてみました。公式サイトや自治体主催や日本野鳥の会の実施している探鳥会での情報、公園の看板等で紹介されているものところのみになります。詳しい観察ポイントは不詳とします。だってボクも観察できていないんだもん(^_^;)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする