野鳥一覧

今シーズン3回目の瓢湖の白鳥

先日の10/27に引き続き10/29も白鳥の撮影に行ってきました。
2日しか立っていないので流石に飛来数は更新されず4289羽もまま
飛来数のピークは例年だとこれからだと思いますが、これからは気温が下がってくるので下がる前にもう何度かは行っておきたいね。
FUJIFILM X-T3 (290.6mm, f/5.2, 1/1000 sec, ISO8000)
日の出、時間ではあるのですが、五頭連峰が結構高いのでまだ太陽は見えません。
FUJIFILM X-T3 (400mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO12800)
シャッタースピードを稼ごうとするとISO12800になってしまいますよね
朝早い時間は仕方がないよね。
一昔のデジカメだと感度を高くするとノイズが酷くて使えたもんじゃないけど
X-T3のISO12800はまだ個人的に許容範囲。
2007年発売のFinePix s5proをメインにしていた頃はISO1600でも結構厳しかったからね
FUJIFILM X-T3 (261.2mm, f/5, 1/1000 sec, ISO10000)
白鳥ダンス
コレって求愛なのかな?このシーンを何度か観るんだけどだいたい複数羽でやってて最終的に突っつき合いになっているようなんだよね。
FUJIFILM X-T3 (400mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO10000)
こちらの方も白鳥ダンス
灰色混ざりの毛色なのでまだ若い白鳥も混ざっています
FUJIFILM X-T3 (142.7mm, f/5, 1/1000 sec, ISO2500)
おそらくアオサギの集団
サギって言うと集団でいるイメージが無いのでこうやって飛んでいるのを見るのと新鮮ですね。

FUJIFILM X-T3 (100mm, f/5, 1/500 sec, ISO640)

FUJIFILM X-T3 (203.7mm, f/5, 1/500 sec, ISO640)

FUJIFILM X-T3 (400mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO640)

FUJIFILM X-T3 (100mm, f/5, 1/500 sec, ISO3200)

FUJIFILM X-T3 (203.7mm, f/5, 1/500 sec, ISO640)

今回は雲がなかなか切れなくて朝日が見えたのは結構時間が過ぎてからで
日が高くなっていたので光が指していたのは短い時間でした。
朝日が差し込む画が欲しかったんだけどね。仕方がないです。
またの機会です。
FUJIFILM X-T3 (400mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO800)


2回目の瓢湖

先週に行ってきたばかりですが、早速2回めの瓢湖に行きました
FUJIFILM X-T3 (100mm, f/5, 1/1000 sec, ISO1600)
前回10/19の確認数が1340羽だったのが4日あまりで4289羽ってすごい勢いで飛来してきてますね。

FUJIFILM X-T3 (261.2mm, f/5, 1/1000 sec, ISO2500)
まだ日の出前に着いたのでまだ飛び立ち始めでカナリの白鳥がいました
10羽以上が同時に飛び立とうとしている写真なのですが、まだ密集状態っていうのと望遠で撮影しているので、なんだかよくわからない写真になっています(笑

FUJIFILM X-T3 (400mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO2500)
白鳥は周りを見て飛んでいるのかよく分からないのですが、助走ルートに居る白鳥はちゃんと頭を下げて接触しないようにするんですよね。
今の所、見てて助走で走っている白鳥が白鳥を踏んでいるのは見てないですね、2枚めの写真のようにかなり密集したところから走り始めててもね

FUJIFILM X-T3 (100mm, f/5, 1/1000 sec, ISO1600)
見ているとペアで飛んでいく、白鳥親子で飛んでいくグループ、10羽以上の大所帯で飛んでいくパターンがあるんですが、まれにカナリまとまって行く時があるんですよね。ボクが撮影してた時は近くに白鳥の数をカウントするカウントおじさん(ボクが勝手に思っています)がイマ一気に200羽以上飛んでいったよ。と教えてくれたり。まとまって飛んでいく予兆に気づきこれから、まとまって飛ぶよって教えてくれたりしました。

FUJIFILM X-T3 (100mm, f/5, 1/1000 sec, ISO1250)

FUJIFILM X-T3 (100mm, f/5, 1/1000 sec, ISO800)
一気に飛び立ったグループが同一のグループじゃなくて別々のグループなのが面白い。上空で別々のグループに別れます。そして別の方向に飛んでいきました.釣られて飛び始めたのかな?
FUJIFILM X-T3 (400mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO2000)
飛び立つ時は風向きによるのかだいたい同じ方向に向かって走っていくのですが、こういった場合もありますね。

FUJIFILM X-T3 (400mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO640)
日の出の時間を回ると朝焼けの中の白鳥も撮影できますね。

FUJIFILM X-T3 (132.9mm, f/5, 1/1000 sec, ISO640)
朝焼けの中で一気に飛び立つと映えますね。
まとまった数が一気に飛び立つことは、なかなか無いですけどね。




FUJIFILM X-T3 (347mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO640)
瓢湖は白鳥だけじゃありません。
水鳥もいっぱいいます。ボクにはこの鳥が何なのかはわかりません!
FUJIFILM X-T3 (400mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO2500)
ハクセキレイなのかセグロセキレイなのか区別が付きませんが、たぶんハクセキレイだと思います。こういう鳥もいます。

ありがちですがこんな写真も。
望遠が届く箇所ではなかったのでトリミングですが。。。

FUJIFILM X-T3 (203.7mm, f/5, 1/1000 sec, ISO640)
まだ、眠いようでウトウトしてました。FUJIFILM X-T3 (400mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO640)

FUJIFILM X-T3 (400mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO640)
最後は白鳥ダンスで。今日は終わり



今シーズン初の瓢湖

10月21日
今年の飛来シーズン到来。ってことで瓢湖に行ってきました
FUJIFILM X-T3 (100mm, f/5, 1/8500 sec, ISO10000)
10月7日に初飛来して10日くらいで1000羽オーバー
まだシーズンは始まったばかりなんでコレからが楽しみですね

FUJIFILM X-T3 (128.3mm, f/5, 1/1000 sec, ISO640)
白鳥ってV字飛行で飛んでいくパターンと縦一列で飛んでいくパターン
横一列で飛んでいくパターンがあるんですがこの差ってなんですかね?

FUJIFILM X-T3 (400mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO640)
今回は風向きのせいなのか、いつもの撮影ポイントからは後ろ向きの白鳥ばかりの写真になってしまいました(笑

FUJIFILM X-T3 (400mm, f/5.6, 1/1000 sec, ISO160)
真横からの撮れたりもしたけどね

FUJIFILM X-T3 (123.8mm, f/5, 1/1000 sec, ISO640)
白鳥のダンス
シーズンは始まったばかり行く機会はまだありそうですが、自分の休みと天気との兼ね合いですね。


8月の白鳥

今日、瓢湖に寄ってきたのですが、白鳥🦢の居残り組が数羽いました。
まったりとしてましたね
2、3000羽くらいいる秋冬の白鳥は近くの田んぼに行ってますが数羽だと池の植物だけでエサは足りるのかな?




そうだ!白鳥撮影に行こう

11月末から始まった、FUJIFILMの最大23万円のキャッシュバックキャンペーンの
広告を見て去年くらいから欲しいと思い始めた
FUJIFILMのXシリーズの唯一の超望遠レンズ
XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRがなんと5万円キャッシュバック
これは買うしか!!!

定価28万1000円(税別)
  。 。
 / / ポーン!
( Д )

う~ん。たけーな
とりあえずD800とシグマAPO 50-500mm F4-6.3D EX HSM(すげー昔の超望遠)で
遊んでみるか。
ちょうど白鳥の時期だし瓢湖でも行ってこようか
もしだったらシグマの150-600mm辺りの中古でも良いしね

うーんダ~メ~だ!!!!
重すぎる
D800自体重いのにそれに50-500を持って振り回せねぇぇぇぇぇぇ
150-600mmなんてもっとヒドイだろ
本当は三脚で振り回すのがセオリーなんだけどね

あとAPO 50-500mm F4-6.3D EX HSMが酷すぎ
もともとフィルム時代の産物レンズだけどS5ProのAPS-Cのセンサーサイズなら
ってことで使ってたけどD800のフルサイズだと周辺減光が目立ちすぎ
写真が下手くそなのは仕様なんで問題はありません( ー`дー´)キリッ
なんか写真がフィルムな出来な感じ

そんなこんなで
XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRが欲しくてたまらなくなりましたとさ