【佐渡旅行記10】尖閣湾揚島遊園に行って絶景を楽しんだお話

前回の記事では佐渡奉行所跡と京町通りを散策したところまで書きました。京町通りで
遅めの昼食を取り出発します。
FUJIFILM X-T3 (13.2mm, f/5.6, 1/140 sec, ISO320)
14時17分出発します。
アリス「11時すぎに佐渡奉行所跡に来て3時間。昼食を取ったとは言えちょっと長居したわね。それだけ見どころのある街だったわけだね」
※写真は佐渡奉行所跡の駐車場に隣接する相川病院にある時計台です。公的施設にある時計ってこのタイプの時計がある率が圧倒的に高いよね。

FUJIFILM X-T3 (24mm, f/5.6, 1/140 sec, ISO320)
移動中に見かけた稲架掛けの様子。稲刈りした跡の穂を天日と自然風で乾燥させるんですけど、すでに米処の新潟でもなかなか見かけない光景です。佐渡島ではまだ稲架掛けを行っているようですね。海風でも大丈夫なんでしょうか?よく乾きそうですけどね
FUJIFILM X-T3 (10mm, f/5.6, 1/220 sec, ISO320)
尖閣湾揚島遊園に向かう途中にある姫津漁港にある変わったアーチ状の橋。姫津大橋
眺望のために作られた橋らしいです。
眺望のためらしいですけど、ほぼ釣り人のための橋のようにも感じられます。上記したネット黎明期のホームページの感じのある姫津漁協のサイトには姫津大橋を渡った先が釣りポイントになってる事が書かれてますね
FUJIFILM X-T3 (14.5mm, f/5.6, 1/2000 sec, ISO320)
逆光ですけど形は良いと思うんですよね。夕日になったらもっと映えると思います。
FUJIFILM X-T3 (13.8mm, f/10, 1/100 sec, ISO320)
アリス「たしかに眺めは良さそうね。逆側を見ると釣人が多いけどね。ははは」
滞在時間はそれほど長くもなかったですけどメイン道路からそんなに離れてないのでちょっと寄ってみるのも良いかもしれません。
FUJIFILM X-T3 (10mm, f/6.4, 1/140 sec, ISO640)
14時50分尖閣湾揚島遊園に到着。途中寄り道をしながらですけど金山からはそんなに離れていないと思います。駐車場は結構広めでわかりやすいと思います。
建物の中はお土産物屋、軽食などが出来る場所になってます。建物の向こう側は有料エリアになっています。入園料がかかりますが海中透視船(遊覧船)に乗る場合は入園料込になってます。遊覧船は15分間隔で運行しているので時間はあまり気にしなくてもいいかもしれませんが、混んでいる場合は確認は必要かと。(価格改定がある可能性もあるので価格は公式サイト参照)

FUJIFILM X-T3 (15.1mm, f/9, 1/38 sec, ISO320)
佐渡大埼灯台です。灯台カードDigitalの配布場所でもあります(カードが貰えるんではなく画像データーのQRコードが有るだけです)
アリス「タイルが剥がれたりとちょっと劣化が見られるわね。でもこうやって近くで灯台を見れることってあまりないから良い機会ね」中には入れませんが外観見学は入園料に含まれています。(たぶん

海中透視船という海中も見れる遊覧船があるので乗ります。
FUJIFILM X-T3 (10mm, f/5, 1/15 sec, ISO400)
乗り場に行くまでちょっとした洞窟を行くので非日常な感じで気分がアゲアゲ?
FUJIFILM X-T3 (10mm, f/9, 1/85 sec, ISO640)
アリス「海中透視船ね。15分間間隔くらいで運行しているみたいだね。ちょうど大口のお客さんがお終わったあとでお客さんがワタシだけみたいね。なんか貸し切りみたいで良いわね」
FUJIFILM X-T3 (24mm, f/7.1, 1/210 sec, ISO640)
風が強くて波が高い状態ですが運行されました。波しぶきが凄かったです。船酔いする人は波が高かったらやめたほうが良いです。すごく揺れます。ってかこれで運行して良いのか?(笑


FUJIFILM X-T3 (24mm, f/7.1, 1/34 sec, ISO5000)
海面は荒れ気味ですが海中はそうでも無いようで、海中透視船だから海中の魚の様子も見れます。船長もちゃんと観察ポイントに来ると止めてくれます。
FUJIFILM X-T3 (15.1mm, f/4, 1/340 sec, ISO640)
FUJIFILM X-T3 (24mm, f/4, 1/400 sec, ISO640)
尖閣湾の美しい景色を楽しめます(波が高いとあまり楽しめませんがw)
入江まで入ったりしてくれるので見応えバッチリです。
FUJIFILM X-T3 (24mm, f/4, 1/350 sec, ISO640)
ウミネコが餌待ちでいっぱいたむろってます(笑


所要15分くらいでしたがもっと長く感じました。
FUJIFILM X-T3 (10mm, f/4, 1/600 sec, ISO640)
遊仙橋(別名まちこ橋)の向こう側が揚島です
1953年公開の映画「君の名は」のロケ地って事らしいです。まちこ橋っていうのは登場人物の真知子から来ているようです。
ボクの世代だと新海誠監督の2016年公開の「君の名は。」と勘違いしちゃいそうですが、後者は「。」が付いているんですよね。一応分けているのかな?前者も年配の方には有名な作品みたいで、映画やラジオドラマ、TVドラマ3回+NHKの朝の連続テレビ小説(1991-1992年)にもなっているようです。
もちろん通行料は入園料に含まれています。アリス「尖閣湾は美しいですね。切り立った感じが良いわね。切り立った崖上には船越英一郎FUJIFILM X-T3 (10mm, f/8, 1/80 sec, ISO640)
が似合う感じかしらね?ワタシが立ってたら飛び降り願望者に見えないかしら?」

ボク「絶対に見えないから」
FUJIFILM X-T3 (10mm, f/6.4, 1/140 sec, ISO640)
アリス「例の遊覧船ね。上から見ると結構際どいところ航行してないかしら?岩礁とかちゃんと熟知した人が運行しているから大丈夫なんでしょうね。たぶん」FUJIFILM X-T3 (10mm, f/8, 1/170 sec, ISO640)
アリス「ここは佐渡弥彦米山国定公園の一部なのね。佐渡と弥彦と米山を合わせて同一の国定公園にしているみたいだけど離れ過ぎてないかしらね?新潟県は広いのよ。」FUJIFILM X-T3 (10mm, f/8, 1/26 sec, ISO640)
アリス「どこを見てもゴツゴツした岩ばかりね。あんた手を離さないでよ。風が強いからあっという間に飛んでいってしまうんだから」FUJIFILM X-T3 (15.9mm, f/8, 1/70 sec, ISO640)
尖閣湾揚島遊園には、なんと水族館もあります。これも入園料に含まれています。
2階は資料室になっていて、更には「君の名は」のセットや当時の写真などの展示室になってます。これも入園料(ryFUJIFILM X-T3 (10mm, f/4.5, 1/15 sec, ISO8000)
FUJIFILM X-T3 (10mm, f/4.5, 1/15 sec, ISO12800)
あんまり期待できるものではないけどそれなりに展示物はあります。
ドクターフィッシュもいます。島内唯一と謳っていますよ。写真を見てもわかるようにそんなに一杯はいません。それでも体験はできます、結構気持ちいいですね。
アリス「私もやってみたい!!!」
ボク「アリスは綿だから食べてくれないと思うよ。」
アリス「なんで?」
ボク「綿だか。。。バッチン  いたた….」FUJIFILM X-T3 (24mm, f/4.5, 1/170 sec, ISO640)
FUJIFILM X-T3 (24mm, f/4.5, 1/180 sec, ISO640)

たらい舟も体験できます。佐渡では有名なアクティビティの一つです。元々は小木海岸付近での漁で入江には適さない舟の代わりに用いられたそうです。ちなみに小木海岸は尖閣湾揚島遊園からカナリ離れた位置にあり、ココはゆかりも何もなく同じ島だということだけです(笑
ただこれも入園料に含まれています(笑
本場の小木海岸でたらい舟体験をしようとすると有料で本当の海で体験することになりますが、こちらはプールなので仮に落ちたとしてもそんなに被害は大きくありません。たらい舟もロープで固定してあるので結構安心です(風情がないとは言わないで)FUJIFILM X-T3 (10mm, f/4.5, 1/125 sec, ISO640)
FUJIFILM X-T3 (10mm, f/4.5, 1/120 sec, ISO640)
アリス「ねぇ~これ何が楽しいの?ぜんぜん進まないじゃん」
ボク「いや~意外に難しいね。これ。もうプカプカ浮いているだけで良いね」
アリス「ちゃんと漕いでよね」FUJIFILM X-T3 (10mm, f/8, 1/45 sec, ISO640)
公園には引退した遊覧船が展示してありました。名前は。。。第二まちこ丸
アリス「ここも、まちこ推しなのね。「君の名」押しが凄いけど、たぶんそれ目当てで来ている人は、かなり少ないんじゃないかな?それがなくても人を呼び寄せれるくらいの名勝地だし、1回入園料(550円)を払えば結構楽しめる場所ね。できれば遊覧船も乗ると尚更良いよね。遊覧船込み1100円くらいだから十分楽しめる場所じゃない尖閣湾揚島遊園は」

ボク「アリス?まとめに入ってる?」

アリス「もう終わりじゃないの?」

ボク「顔はめパネルがまだ出してない」

アリス「そういやそんなのあったわね」FUJIFILM X-T3 (10mm, f/8, 1/40 sec, ISO640)
アリス「たらい舟で漁をしている顔はめパネル。お光ってなんのことなの?」FUJIFILM X-T3 (10mm, f/8, 1/34 sec, ISO640)
アリス「離島戦隊サドガシマンってナニ?全然知らないんだけど?ご当地ヒーロー?ズルガシマンが&で付けてあるけど黒いのが悪役?新潟もローカルヒーローが色々といるみたいね」FUJIFILM X-T3 (10mm, f/8, 1/40 sec, ISO640)
アリス「出た。「君の名は」の顔はめパネル。佐渡島2日めだけどココ以外で君の名はを全くと言っていいほど見なかったけどココではいっぱい見たわ。」
真知子はストール(ショール、スカーフ)を独特な巻き方いわゆる真知子巻きになっているようです。FUJIFILM X-T3 (10mm, f/8, 1/30 sec, ISO640)
アリス「この顔はめパネルは違和感があるわね。普通なら漁師の部分や、若干ネタ要素が出るけどダイオウイカの頭に穴を開けるとかになるはずだけど、穴の開いている位置がおかしいわね。傍観者なのかな?」

尖閣湾揚島遊園では結構楽しめました。所要時間は遊覧船を乗っても大体1時間半くらいです。混んでたらもう少し所要時間はかかるかもしれませんけどね。
15時ころに到着して退園は16時半ころ。観光地は17時閉店が世の常。もうどこにも行けそうもないですね。だがボクの旅の1日は終わらない。車中泊する場所も全く考えていないので探さないとね。
【佐渡旅行記10】尖閣湾揚島遊園はカナリ楽しめる場所でした。16時半ですがまだまだ終わらない。
続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする